fujipancake.com
FUJIFILM X-A1 / XF18-55mmを売却 | フジパンケーキ.com
お年頃のせいか、子供達にファインダーを向けるとソッポ向かれてしまいます。 家族用のお気楽カメラを現在使ってるFUJIFILMから、「小さくてファインダーの無いタッチシャッター付きのCanon製品」に移行しようと思う気持ちが強くなりました。 FUJIFILMからの卒業 現在、ピアノ発表会などの本気イベント用にはSONY α9を使っています。 このカメラは、10年使い続ける予定なので買い替え予定は全くありません。 暗所の瞳AFは信頼しきっています。 しかし毎度、このカメラを持って行動をするのはしんどいので、今までFUJIFILMをお気楽用として使用していました。 そもそも、当ブログ「フジパンケーキ」はFUJIFILM X-A1という廉価機を普及させようとしたのが主たる目的でした。 でも、最近もっとライトに撮影を楽しみたいと思うようになりました。 タッチシャッター(タッチAF)や、軽くて小さいシステム、安価なレンズ群、プリント出力と相性の良い色、頭の良いフルオートなど。 色々考えた末、2019年は簡便なCanonに乗り換えようと思ったわけです。 X-A1 / XF18-55mmを売却 というわけで、FUJIFILMのカメラを売ることにしました。 決して性能が悪かったわけでも、相性が悪かったわけでもありません。 撮影の簡便化と、気分替えが主たる理由ですので。 売却準備をしつつ、改めて感じたのが「私、FUJIFILMの機材ほとんど持ってない」ってこと(笑) 売ろうにも「X-T1 / X-A1 /XF18-55mm」しか持っていませんでした。 売って買ってを繰り返すうちに、機材がほとんど無くなってしまってました。 売却益からCanon M6かM100を購入予定なので、お別れの前に気に入ってたFUJIFILM X-T1を連れ出し喫茶店に行きました。 せつない気持ちになってしまった X-T1は持った瞬間に気持ちいい。 のどかなAFと、タッチ機能がない液晶。 さりげない表情を撮るべく、子供が気を抜いた瞬間に「サッと取り出して、シュッと撮って、フッと仕舞う」という素早い撮影に秀でたカメラではないので、このカメラで自然な表情は殆ど撮ってない(笑) それまではPanasonic GX7mark2で「サッと撮影」が出来ていたのですが、SONY