fujipancake.com
FUJIFILM XC15-45mmを購入 初心に戻ります | フジパンケーキ.com
物欲がだいぶ収まり、最近ではカメラ関係に5万円程度を出費することに抵抗感を持つようになりました。 エデンの園にある禁断の果実を食べて、目が覚めてしまいました。 当ブログは「日記ブログ」として再スタート カメラの知識・技術もなく始めた当ブログですが、ちょっと疲れてしまいました。 カメラブログをやっていると、欲しいモノが際限ないのです。 実は最近「LEICA」も気になり始めていました。 多分私が「LEICA」を購入しても、撮るものは「茄子」か「きゅうり」くらいでしょう。 そもそもお金が無いのに買おうとしているのが怖い。 これを機に、より日記っぽいブログにしようと思いまして。 んで、何故かレンズを買う私 今回、購入したのはFUJIFILM XC15-45mmという廉価なレンズ。 中古で購入しました。1万円台とかなりお安い。 日記用として使うなら十分すぎるレンズです。 本当はPanasonic LX100m2が欲しかった 本当はPanasonic LX100m2が欲しかったのですが、まだ高価という理由で先送りにしました。 もしLX100m2を購入したとしてもポケットには入らないし、それなら使い慣れたX-T1をコンパクト化して普段使いしようと思ったわけです。 現在所有しているFUJIFILM X-T1は、現行機種であるX-T3に比べ「大きさ」及び「重さ」がコンパクトですし、XC15-45mmとの組み合わせも悪くない。 精神衛生的に楽 XC15-45は電動ズーム。 これがあまり評判良くないらしいけど、逆にコンデジみたいな挙動が愛しい。 速写には向かないだろうけど、1万程度で買ったと思えば文句を言うのもおかしい。 それにもっと安っぽいかと思ったけど、意外とそうでもない。 しかし中古ということもあり、なんだかリングが少しジャリジャリする。 これが中古の洗礼ってやつですか? おかげで傷付くのを恐れずに使えそうです。 ところで、Canon M100は? あなた、Canon M100持ってましたよね?という意見もあるでしょう。 いつまでも過去にとらわれてはいけません。 カメラを買っては売り、買っては売りを繰り返すと、気がつくと貯金は減りカメラは減るのを学習しました。 カメラ売却益で購入して「実質0円」にするという考えは幻です。