fujipancake.com
「カメラ貸して!」に応える安価レンズ 〜私がCanon EF-Mマウントを選択した理由〜 | フジパンケーキ.com
さて、このたび「Canon EF-M 18-55mm」というレンズを購入しました。 map camera中古で約8,000円です。やっすー。 「カメラ貸して!」にあなたは応えられますか? 子供達のイベントで綺麗な写真を撮るべく、カメラにこだわりを持つ人も多いでしょう。 でもたまに奥さんや子供に言われませんか? 「カメラ貸して!」と これ、意外と困る発言だと思うわけです。 だって、カメラを趣味とする皆さんが所有しているカメラって多分10万円以上しませんか? 私もSONY α9という超高額(2019年3月現在 今後は定価が下がる予定)なカメラを所有していますが、「貸して!」と言われても・・・ねぇ。 と、はぐらかしても貸さないといけない時があるわけです。 実は私の嫁さんは、ある大学の写真部歴代副部長。 しかし、 在学中、カメラ持っていなかった 在学中、1度も写真を撮らなかった たまに飲み会に参加してた という完全な幽霊部員だったわけです。でも副部長だったから変な自信を持ってる。 Canon EF-Mマウントを私が選んだ理由 私、サブカメラを買うときに思ったのが「嫁さんや子供達に貸しやすいカメラにしよう」と思ったわけです。 高額なカメラだと、子供に貸してしばらくして傷がついて帰ってきたら多分凹む。レンズも高いしね。 でも子供達だってわざと傷つけたわけじゃないし、父親として怒ってしまったら子供達はこれからカメラを向けられても笑顔にならない。 んで、サブカメラとして私が選んだのはCanon M100というEF-Mマウントの一番安いモデル。 レンズがついて5万円程度。このマウントは本当に安い。 んで今回、貸す用に購入したレンズは「EF-M 18-55mm F3.5-5.6」というもの。 実はこのレンズ、2019年3月現在唯一のEF-M ディスコンレンズ(販売終了)である。 もう新品では買えませんが、中古市場には美品でも8,000〜12,000円程度で入手することができます。今回私は美品を約8,000円で入手できました。 F3.5-5.6なんて暗いでしょ?とカメラに詳しい人なら思うでしょうけど、カメラを貸すときは屋外での使用が多いから「写す」事に関して困ることがない。(体育館でのイベント除く) それに「綺麗な玉ボケ」なんて求めてない。