france-chebunbun.com
【ネタバレ考察】『ボヘミアン・ラプソディ』ライブエイド、フレディの有終の美がMagnifico!チェ・ブンブンのティーマ
ボヘミアン・ラプソディ(2018) Bohemian Rhapsody 監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディetc 評価:70点 伝説的ロックバンドQueenのヴォーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されるや否や、Twitterで絶賛の嵐となっている。本作は、アメリカで公開されると、批評家にボロクソに言われたものの(Rotten Tomatoesの評価は2018年11月11日現在61%まで回復している)、大衆の心にはドストライク。『グレイテスト・ショーマン』並みの批評家と一般観客の温度差となっている。 DAILY BEASTの記事"'Bohemian Rhapsody' Is an Insult to Freddie Mercury(『ボヘミアン・ラプソディ』は、フレディ・マーキュリーに対する侮辱だ)"によると、 His next significant encounter with a man is with former manager Paul Prenter, almost cartoonishly depicted in the film as a predator who drags Mercury into a sordid partying lifestyle with his other gay friends. Those evil gays! They'll ruin your life! ブンブン訳(誤訳あったらすみません):フレディの次の重要な男との出会いは、以前のマネージャーのポール・プレンターであり、彼は他の同性愛者の友人たちと一緒にマーキュリーを熱狂的なパーティーのライフスタイルに導く捕食者として映画に描かれています。 それらは邪悪なゲイとしてだ! 彼らはあなたの人生を台無しにするでしょう! とフレディのバイセクシャルな側面を悪として描いていることに対し、怒りを顕にした上で、さらに掘り下げて酷評をしている。 Then the screenplay rewrites history. Mercury reveals to his bandmates that he has AIDS while they're