france-chebunbun.com
【釜山国際映画祭・ネタバレなし】『CLIMAX』ギャスパー・ノエはグレイテスト・ショーマンだった!!チェ・ブンブンのティーマ
クライマックス(2018) CLIMAX 監督:ギャスパー・ノエ 出演:ソフィア・ブテラ、Romain Guillermic、Souheila Yacoub etc 評価:5億点 [su_youtube url=" [su_youtube url=" 釜山国際映画祭のクライマックスを飾ったのは、ギャスパー・ノエ監督の『CLIMAX』だった。ギャスパー・ノエといえば、『アレックス』に始まり、『エンター・ザ・ボイド』、『LOVE 3D』と毎回センセーショナルな作品を発表し続けており、ミヒャエル・ハネケ、ラース・フォン・トリアーに並ぶ、初対面の人に好きであることを告白してはいけない監督の一人だ。ブンブン、正直ギャスパー・ノエ作品は苦手なのだが、そんな私ですら感動を覚えるくらいの大傑作であった。まさしく、この旅のクライマックスに相応しい作品であった。 ・【釜山国際映画祭・ネタバレ】『CLIMAX』ギャスパー・ノエがサングリアに隠した謎を読み解く 『CLIMAX』あらすじ [su_youtube url=" ダンサーたちは、廃墟に集まり公演に向けリハーサルを繰り返していた。そんな合宿の最終日、リハーサルの《CLIMAX》を迎えたダンサーたちは気づく。何者かがサングリアの中にLSDを入れていたことに、そこからダンサーたちは壊れ始め、異次元の《CLIMAX》を迎えることとなる... Buvez la sangría, noyez le sang gris... [su_youtube url=" [su_youtube url=" ↑笑っていいとも!でも紹介されたカルト映画『ワイルド・スタイル』 本作は1982年製作の『ワイルド・スタイル』同様、ダンサーの間で語り継がれる伝説になるだろう。 [su_youtube url="https