france-chebunbun.com
【ネタバレ解説】『カメラを止めるな!』鑑賞前に《絶対に》読まないでくださいチェ・ブンブンのティーマ
【ネタバレ解説】徹底分析!『カメラを止めるな!』の超絶脚本を振り返る ※WARNING:まだ『カメラを止めるな!』本編をご覧になっていない方へ。この記事は完全ネタバレ記事です。近所で上映しておらず気になってこの記事にたどり着いてしまった貴方の気持ちはよく分かる。しかし、一生のお願いだ。本記事は読まないでくれ!いつか訪れる本作を観る時まで耐えてください。どうしても、事前情報を知りたければ、下記ネタバレなし記事をお読みください。 ・【ネタバレなし】『カメラを止めるな!』有給を使ってでも、地を這ってでも観て欲しい7つの理由 [su_youtube url=" 先日、新宿K's cinemaで鑑賞し、『ファントム・スレッド』や『君の名前で僕を呼んで』2018年上半期ベストテンの2位に躍り出たダークホース『カメラを止めるな!』。本作は、ネタバレ地雷原につき、先日8千字かけて書いたネタバレなし記事では、全く本編に触れることができませんでした。ってことで、今日は、鑑賞した人だけが読める本作の面白さを7のポイントから振り返る復習記事を書いていきます。 1.37分ワンカットゾンビ映画は、本編ではなかった 本作は、96分の映画にも関わらず37分ワンカットゾンビ映画という情報しかSNS上で拡散されていない。というのも、残り59分はネタバレの塊。観た人は、あまりの面白さに、この59分は隠さねば!と全力で伏せているのだ!観た人のほとんどがネタバレを全力で防ごうとする程愛されている映画なのだ。 さて、本作はどんな映画なのか?まず、実は三部構成になっていたのだ。第一部で、ダメダメ低予算ゾンビ映画が展開される。そして、残りの二部でそのゾンビ映画が作られるまでの過程を描かれる。第二部で、下準備を整えた上で、第三部に移る。第三部では、37分ワンカットゾンビ映画を舞台裏目線で描写していくのだ。なので、第一部で「このゾンビ映画ダメダメじゃん!」と思っていた人は、第二部、第三部で裏切られることとなる。 [su_youtube url="