france-chebunbun.com
"Ç"狭い一室からヒップホップが生まれた「THE COCKPIT」OMSBとbimのコラボレーションチェ・ブンブンのティーマ
THE COCKPIT 監督:三宅唱 出演:OMSB,bim,Hi'Spec,VaVa,Heiyuu 評価:80点 最近、確信したことがある。 それはヒップホップがテーマの作品に 外れはないとのことだ。 「ワイルド・スタイル」も 「ストレイト・アウタ・コンプトン」も そうだが、ヒップホップは社会的に 厳しい環境にいる人による魂の叫びが 独特なDOPE,グルーヴを生み出し、 じわじわと心に染みるタイプの 音楽である。 それ故に、それを題材とした作品にも 強いメッセージやソウルが込められている。 アパートの一室、それはコックピットだ! 映し出されるのはアパート、あるいは団地と思われる 一室。ベランダからラッパーがゾロゾロとやってくる。 そして、「SIMI LAB」のOMSBがおもむろにレコードを だるそうに取り出し音楽を流し始める。 仲間達はそんなOMSBを見守るのかと思いきや レッドブル片手に世間話を始める。 OMSBは、次々とおっつ!おっつ!と、良さげな音源を選び出し、 マシーンに出力している。 やがて、ゲーセンに置いてある音ゲーjubeatのような機械が ピアノのように音を奏で始めると、仲間達が、 こうじゃね?こんな技あるよね~と議論を始め、 皆思い思いに曲作りに励み始める。 自分の出生や、田舎のこと、中国の歴史、 「THE OTOGIBANASHI'S」のbimのイメージを ドンドンOMSBが形にしていく。 音楽映画にありがちな対立、 音楽が作れずに苦悩する様子もなく、 淡々とLIKE A ROLLING STONEの如く、 男達は音楽を創り上げていく。 部屋の一室がまさにタイトル通りコックピット となり、創造の大海原を自由自在に飛び回る 様子は新鮮で、60分ぐらいの短い作品なのだが インスピレーションあげあげでした(*^_^*) 先日紹介した「タクシー」もそうだが、 ミニマリズムという極端に閉鎖的な 世界の中で、いかに世界を広げていくか。 どちらもそのやり口が素晴らしい。 本作の場合、音楽映画、特に ヒップホップと言えば「縦」に 「横」にと「動き」があるものだが、 四方の壁を強調した閉鎖的な空間で 「前後」の動きを見せる。 閉鎖的なんだけれども開放的、 そして自由。この感覚こそ ヒップホップなんだな~と感じる。 「サイタマノラッパー」や「8mile」も