ethnica.jp
「エスニカで聴く シタール×波紋音」 2014.9/13開催
中世インドの時代「インド音楽の父」アミール・クスローによって、ペルシャの弦楽器であるセタールを改良し作られたと言われている北インド発祥の弦楽器シタール、 そして、彫刻家・斉藤鉄平氏が日本庭園にある伝統的な音響装置である"水琴屈"の音にインスピレーションを受けて作った鉄製のスリットドラム「波紋音(はもん)」。 土曜の午後、青葉台にあるクラフトショップ&アートギャラリー"エスニカ"にてその競艶をお楽しみ下さい。 当日の様子を45秒の動画で公開中 【開催概要】 【日時】9月13日(土) 開場13時/開演14時頃 【会場】エスニカ 神奈川県横浜市青葉区桜台25-5 桜台ビレッジ1階 Tel : 045-983-1132 【出演】ボウタリ・コツタリ ( ヨシダダイキチ/シタール & ナガタサチコ/波紋音 ) 【料金】予約:3,000円 / 当日:3,300円 (共に軽食・1ドリンク込) 先着順40名様 小学生以下のお子様 無料(大人1名につき2名まで) 【問合せ】エスニカ 田原 045-983-1132(水曜以外 12~19時)ethnica.jp@gmail.com 【ご予約】info@yoshidadaikiti.com 【お申込み】先着順で40名様のご予約を承ります。 【キャンセル】ご都合によりキャンセルなさる場合は、お電話にて開催前日までにご連絡ください。 ーーーーーーーーーーー 【出演者プロフィール】 ◆ ヨシダダイキチ: 200年近くに渡りシタールの可能性を探求しているイムダッド派の7代目ウスタッド・シュジャート・カーンの弟子。 YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)、U-zhaanとのユニット「SAICOBABA」、様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」、シタール5~30台を使ったユニット「sitaar