ethnica.jp
フェイスブックを使って中国アンティークの謎を解く。
デザイナーの銘も、工房のサインも入ることのない、中国のアンティークは、時代考証も難しいのが、現実。 時折、家具や古民具に書かれている文字が、ヒントになる場合があります。 例えば、この2段の手提げ桶。側面と蓋の裏に、「天水遣適」「乙亥荷月」という墨入れがしてあります。 まず、「乙亥荷月」について これは、さほど難しくはありません。ずばり1935年6月という意味です。 乙亥(きのとい)は、西暦を60で割って15余る年、すなわち、この品物は、1875年、1935年、1995年のいずれかの作と言えます。(信ずるならば・・・)1995年はありえませんし、1875年となると、130年以上も前なので、コンディションから考えて、これもまたちょっと無理がある。ということで1935年が妥当という根拠。また、荷月は 荷=ロータス(蓮)から、今で言うと6月頃を指す呼び名です。 続いて、「天水遣適」について これは、まったく分かりません。米や穀物の枡の場合は、計量に用いますので、時折、検査をパスした証しが刻印されていることもありますが、今回のような手提げの桶は、商人の道具ではなく、もっぱら名家や豪農、豪商の家で用いられたもの。 多くが竹製ですが、こちらは木製。側面や蓋に金色の描画が施されています。しっかりとした作りで、木部の厚みもありますし、仕立てもなかなかよく、きっとどこかのお屋敷が誂えさせたものでしょう。 では、これは何か?「天から授かった大切なお水を遣う(運ぶ)のに適している」というのは、水を直に入れるものではないので、どうも間違いのようです。そこで、FBの中国家具愛好家のページで質問してみました。 およそ100人位のメンバーからなるグループで、中国の古い家具を愛するコレクター、バイヤーからなり、以前から、読者が互いの疑問や質問を投稿し、価値や歴史を問うていましたので、私も、ここに投稿をしてみました。 すると、いくつかの意見があり、そのなかで、納得できる答えを得ることができました。 まず、最初の2文字「天水」は、甘粛省の天水という地名であろうということ。たしかに調べてみると甘粛省に天水という地域があるようです。 そして、後半の2文字「遣適」は名門のお家に輿入れすることを意味するようです。