ethnica.jp
中国料理店チャイナムーンのエントランスにて
今週末から始まるイベント「キリム展&中国家具セール」が始まると、 遠くまで納品に出かけることができないため、 火曜日は、お店を数時間、閉めて納品に行ってまいりました。 ご来店を予定されていたお客様には、ご迷惑をおかけしました。 今回の納品は、いつも、お世話になっている東京目黒(学芸大学駅)の中国料理店 チャイナムーン様のエントランスの模様替えでした。 お店にもともとついていたガラスの仕切りは、 元の西洋料理店の名残でアールデコ調のものがついておりました。 そこで、シェフのお任せならぬ、シェフからのお任せということで、 間仕切りを兼ねた飾り棚を製作いたしました。 構想2週間、加工約3週間で、接客やその他の仕事を縫って、自作しました。 ポイントは、茶器や小物を飾れるようにした段違いの棚。 実は、このパーツは、取り外しが可能になっていて、 棚のレイアウトと格子のパターンを上下左右に変えられるようしてあります。 2枚の画像を良く見ると、四隅の棚板の向きが変わっているのが 分かると思います。 また、客席側から見ても、いかにも「裏側」という見た目では格好が悪いですし、 また飾り棚を見ようとしたお客様と、お席についているお客様の眼が合うのは、 双方気まずいので、今回は、曇りガラス風のアクリルボードを背面に仕込み、 気配はすれども、姿は見えず。 格子の影と飾ったもののシルエットは ぼんやりと見えるようにしてあります。 厚み12㎝という壁を使った飾り棚兼間仕切りも、無事、シェフから合格をいただきまして、 現在は、お客様を迎えるエントランスの雰囲気も一段と良くなりました。 是非、お食事の合間に、これまでにお手伝いしてきた当店からの品物も御覧ください。 目黒CHINA MOON chinamoon.jp 東急東横線 学芸大学より徒歩1分。 東京都目黒区鷹番3-6-16豊ビル1F tel. 03・3716・2558