e-countries.com
【Hな体験】 | フェラ&手コキ好きになった原体験 | えろばな研究所
高校一年の秋。 体育委員だった俺とSさんは、体育大会の予行練習の後、用具を片付けていた。 うちのクラスが練習中にダラケていたってんで、担任に小言を食らい、遅くなってしまった。 「あー、鬱陶しいな、他の奴らはもう帰ってるのに」 「委員なんだからしょうがないでしょ。文句言ってないでさっさと片付けて帰ろうよ」 Sさんは中肉中背で色が白く、髪が長くてタレ目のちょっと可愛い子だった。 口が少し大きくて本人は気にしていたが、それが可愛い顔の中にちょっとエロさが混じっていて魅力的だと思っていた。 他のクラスの委員は、片付けを済ませ帰っていた。 二人で用具を抱え、薄暗い体育倉庫へと入る。 「なんか薄気味悪いよね」 Sさんはそう言って笑う。 笑うとさらにタレ目になって可愛かった。 ジャージ姿の女子と体育倉庫で二人きり、というシチュエーションに煩悩真っ盛りの男子高校生の俺はよからぬ妄想を抱いたりしたが、さっさと済ませて早く帰りたいという気持ちの方が強かった。 奥の方の高い棚に載せる物があったので、俺は積み上げられたマットレスの上へ土足で上がった。 「あ、駄目だよ。土足でマットに乗っちゃいけないって言われてるじゃん」 「誰も見てないからいいよ、こっちの方が早いし」 「もー・・・」 そう言いながらもSさんもマットの上に乗った俺に用具を手渡した。 何度かバケツリレーのようにして用具を棚に運び終える。 俺がマットから下りようとした時、足下が柔らかなマットのせいかバランスを崩してしまった。 「危ない!」 「うわ!」 Sさんは、手を伸ばして俺を支えようとした。 だが女の子の腕の力で支えきれるものではない。 俺はSさんを巻き込まないようにしようと体勢を崩しながらも、足から着地した。 ムニューと手に柔らかな感触が感じられた。 「キャッ」 Sさんが小さく声を上げる。 なんとか床に叩きつけられるのは免れたが、Sさんに寄りかかるような姿勢になった時、胸を思いっきり掴んでしまっていた。 「あ、ご、ごめん!」 俺は慌てて手を離すと、謝った。 Sさんは両手で胸を庇うようにして二、三歩後ずさる。 「やだ・・・エッチ!」 「ご、ごめん。そんなつもりじゃ・・・」 Sさんは顔を真っ赤にしながら俺を睨みつける。 「T君のスケベ!」 「だからごめんって・・・」 「思いっきり触ったじゃない!スケベ!変態!」