e-countries.com
【Hな体験】 落ち込んでる女子をくすぐり攻撃で励ました結果 | えろばな研究所
高校1年の時、クラスに1人の生真面目な優等生女子がいた。 セミロングの黒髪に眼鏡。 とにかく勉強ができる子で、成績は常に学年トップ5に入るほど。 そのかわりスポーツは大の苦手で、性格も大人しくて内気な感じの子だった。 とある日の放課後、忘れ物を取りに教室に戻ると、彼女が1人で泣いていた。 なんでも今回の試験でトップ10に入れなかったとのこと。 それでも自分より遥かに優秀な成績なんだが、彼女は本当に悔しかったらしい。 自分が何を言っても泣きやんでくれず、「人生で一番苦しい」「もう死んじゃいたい」とまで言い出した。 そこで自分は最後の策として強硬手段を取った。 くすぐりだ。 彼女の両脇の下を後ろからこちょこちょっとくすぐってみる。 くすぐった瞬間、彼女の体がビクッと動き、「きゃっ」と叫んだ。 身を捩らせて逃げようとする彼女の両手を自分の体と右手、右腕を使って後ろ手に押さえつける。 そして空いた方の左手で彼女の脇の下から脇腹へとくすぐり攻撃。 「あははははは!」 さっきまで泣いていた彼女は苦しそうに笑い、自分の腕の中で身悶えた。 脇腹をモミモミ、脇の下こねくり回し、脇腹はツンツン。 色んなバリエーションでくすぐった結果、彼女の体の中で反応が一番良かったのは、脇の下のこねくり回し。 「脇腹よりも脇の下が弱いでしょ?」 そう言って脇の下をグニグニこねると、彼女は死にそうな声で叫んだ。 「脇の下はやめて!せめて脇腹にして!」 彼女の言葉を無視してひたすら脇の下をくすぐりった。 そして約2分くらいくすぐったところで彼女に尋ねた。 「試験結果と今のくすぐり、どっちが苦しい」 「今のくすぐり!今のくすぐり!」 「まだ死にたい?」 「死にたくない!でもこのままじゃ死んじゃう!もう勘弁して!」 彼女が涙ながらに訴えてから10秒ほどくすぐったところで、自分は彼女を解放した。 彼女はその場に突っ伏すように倒れ込み、しばらく動かなかった。 乱れたスカートから僅かに白パンが覗いていたのは永遠に秘密だ。 怒られるかと思ったが、彼女は全然怒っていなかった。 それどころか、「なんだかスッキリした。ありがとう」と、お礼まで言われてしまった。 そして次の試験で彼女は学年トップに輝いた。 その翌日、なんと自分は彼女に告白され、そのままお付き合いを始めたのだった。