e-countries.com
【SM・調教】 おじさんの巨根が欲しくて奴隷になりました | えろばな研究所
以前、ツーショットで電話エッチをしていた頃の話です。 何人かに会おうと言われていて、2人と同じ場所で待ち合わせをしました。 その場所に、指定した服ではない、違う服を着て出掛けてました。 夜中です。 誰もいない・・・。 そこに1人のおじさんが立ってました。 キョロキョロとしてます。 (1人はあの人だな・・・) 正直、まともな方とホテルへ行こうと決めてたんですが、もう1人はやって来ませんでした。 帰ろうかと思い、仕方なくその人の前を通り過ぎようとすると、「あの・・・みぃなさんですか?」と呼び止められました。 「はい」 そう咄嗟に答えてしまったあと、(しまった!)と思いました。 「よかった。ホテルへ行こうよ」 まるで冴えない感じのキモデブおやじです。 脂汗が浮いていて、とてもエッチをする気にはなりません。 「いえ・・・その・・・」 なんと言って断ろうかと考えていたときです。 「お願い!みぃなちゃんお願いだから!ホテルへ行くだけ!ね?お話しようよ。何もしないから」 それが嘘なんてこと、いくらバカでもわかります。 黙っていると・・・。 「あのね・・・おじさん、若い子のおっぱいが見たいだけなの。だからおっぱいだけ見せて、ね?何もしないし・・・触らないから」 「え~・・・」 「お願い!おじさんを助けると思って、おっぱいだけ・・・ね?おっぱいだけ見せて」 そんなやりとりが続き、あたしはついつい、そのおじさんの熱心さに負けてしまい、(まっ・・・いっか)って気持ちになってしまいました。 おじさんの車に乗ってホテルへ・・・。 部屋に入ると、おっきなベッドとその前に大きなモニターがあり、あたしはさっそくベッドに座って、「カラオケ歌ってもいい?」とカラオケの本を見始めました。 ここまで来ておいて、(おっぱい見せるのもなぁ・・・)って気持ちになっていたのです。 あたしはおじさんを無視してカラオケを歌いはじめました。 おじさんはあたしの後ろに座り、後ろからキャミを捲りだしました。 「え?何してるの?」 「おっぱいだけ・・・出して・・・カラオケ歌っててもいいから・・・おっぱい見せて」 「見るだけだよ?」 おじさんがあたしのキャミを捲り、ブラを外したところまでは何も言いませんでした。