e-countries.com
【乱交】 | 熟女になった従姉と野外セックスしていたら | えろばな研究所
俺は今、従姉の澄枝と関係を持っている。 俺は63歳、妻子もある。 澄枝にも旦那も子供もいる。 澄枝は俺より2歳年上。 もう俺は定年してしばらく経つ。 初めてのセックスは車の中だった。 おっぱいを揉み、上半身を裸にさせてシートを倒し、おっぱいを口に含んだ。 すると澄枝は俺の股間をズボンの上から撫でた。 「あら、大きくなってきたわよ。元気ね」と。 「奥さんとは今でもセックスしてるの。うちんところはもう随分前から駄目なの。尺八してあげようか?車をどこかに停めてよ」 河川敷の公園を見つけて車を停めた。 まだ昼の2時頃だった。 澄枝と同じ年頃の女性が公園を散歩していた。 彼女はそれにも構わず俺のズボンとパンツを脱がせ、パクリと咥えた。 俺は運転席の座席を少し倒し、それを受けていた。 興奮して車の中が熱くなったので窓を開けた。 向こうから2人おぼさんがこちらに歩いて来る。 俺は構わず彼女にも黙っていた。 すると、あろうことかそのおばさんは車の傍に来て中を覗いた。 何をしていたかきっと分かったんだろう。 向こうへ歩いて行きながら、「昼間からすごいことしているね。でも私くらいの年齢じゃない。好き者なのね」と声が聞こえた。 俺は射精が近づくのを感じ、彼女にそのことを伝えた。 しかし彼女は一向に口を離そうとしない。 そして射精した。 すっかり飲んでくれた。 「どう?気持ちよかった?随分出たわね」 その後2人は車を降り、木立があるほうへ進んだ。 少し陽が暮れかけてきた。 人の目線が見えにくいところで彼女の下半身を裸にして四つん這いにして、後ろから貫いた。 一度射精したこともあり射精感はなく、何度もピストンを繰り返した。 何か音がするので振り向くと、おじさんが後ろから俺たちの方を見ている。 もうどうしようもない。 ピストンを続けていると、そのおじさんは俺たちの傍まで来た。 澄枝はそれに気がついたが、今さらどうしようもない。 顔を隠すように下を向いたままだった。 俺は見られていることで射精感が増し、射精してしまった。 傍でおじさんが言った。 「どうだい。気持ちよかったかい。俺にもさせてくれよ」 澄枝は開き直ったのか、そのおじさんに言った。 「あんた。その年でちんぽ立つの。だったらさせてあげてもいいよ」 俺はびっくりした。