e-countries.com
【痴漢】 電車の中で恥ずかしいほど濡らしてしまいました | えろばな研究所
私は、ごく普通の高校生でした。 でも夜は、とてもエッチな女の子になってしまいます。 そうなった理由は、全て痴漢から始まりました・・・。 あの日は友達と遊びに行く予定でした。 露出の多い服を着てお洒落して電車に乗っていたのです。 するとお尻を触られてるような感触・・・。 すぐにそれが痴漢だとわかりました。 驚いて怖くて抵抗できずにいると、その手はスカートの中に入ってきて、下着越しに割れ目を探るのです。 その時、すでにオナニーを覚えていた私は、悔しいことに感じてしまいました。 そのことを痴漢も気がついたのだと思います。 次第に下着越しにクチュクチュと音がするようになりました。 だけど騒がしい満員電車の中では、その音は掻き消されてしまいます。 ちょうど車両の隅にいたので、周りからは見えない体勢で触られていました。 いつの間にか痴漢の手はパンツの中の大事な部分に触れていました。 痴漢が囁きます。 「濡れてるじゃないか。エッチな子だね・・・」 本当にその通りなのです。 私はその言葉を耳にした途端、秘部の奥から愛液が溢れ出るのを感じました。 その時、電車が止まりました。 もっとして欲しい気持ちと安心する気持ちが芽生えると同時に、痴漢が私の手を掴んで電車から引きずり降ろします。 男の力には抵抗もできず、私はされるがままに、いつの間にかマンションに連れて来られていました。 まだあそこがジンジンしています。 歩くのもままならない私はマンションの一室に引きずり込まれてしまいました。 「だいぶ濡らしてたね。期待してたんでしょ?」 「違います・・・」 「ふぅん、嘘ついてたら、お仕置きだよ」 相手の男は30代くらい。 顔は普通です。 男は私の下着にさっと手を滑り込ませ、濡れている割れ目に、クチュリ・・・と触れました。 そのいやらしさに体を震わせる私。 男は満足げに頷いて、さらに秘部を掻き乱します。 「ひぁ・・・んっ」 抵抗することなく快楽に身を任せてしまう私。 男の指がクリストスにポンと触れました。 その瞬間、電流が走ったように背筋をピンと伸ばしてしまいました。 男はその反応を楽しむかのように、私を押し倒してなおもクリストスをポンポンと指の腹で刺激してきます。 声は自然と出ていました。 もう友達との約束なんて忘れて、淫らな快感に身を任せていました。 (ああ、気持ちいい・・・もっとして欲しい)