dolls.orz.hm
超コンパクトなネットワークプレーヤをラズパイ0WとPCM5102Aで作りたい -完成編- | 徒労日記
前回ブレッドボードで試作、無事に音が出たRaspberry Pi Zero WH(以下RPi0W) + PCM5102A I2S DAC + moode Audio 4.3。 超コンパクトなネットワークプレーヤをラズパイ0WとPCM5102Aで作りたい -試作編- | 徒労日記 あとはリビングでの本格利用にむけてコンパクトに本組みしていきます。 おさらい 回路は引き続きアプリケーションシート通り。出力段のC1,C2のみ0.0022uFではなく2.2uFに変えてあります。 (出展:PCM5102 112dB Stereo DAC with 2VRMS output and Integrated Audio PLL | TI.com) 本組みにあたっての絶対的な目標は「RPi0Wより大きくならないこと」。 基板は秋月電子が販売しているRPi専用ユニバーサル基板を使用しました。 GPIOが丸々隣のパターンに引き出してある他、GND,+3.3V,+5Vのラインが3列伸びておりブレッドボード→実装の流れがやりやすい。 DCジャックのパターンもあるので、ここに5Vアダプタを挿せば簡単に外部電源化ができます。 表面 電源とGPIOに場所をとられているため、表から見えるほど使えるスペースは多くありません。そのため出力はミニステレオプラグにしました。理想はRCAピンジャックだけど、どうやっても収まらないので妥協です。 そのかわりミニステレオプラグのケーブルは軽いのでラズパイが浮いたりしなくて済みます。 裏面 出力側だけBELDEN 8502で裏打ちしました。 ジャンパはラズパイケースと干渉しないよう必要最低限&センターでは避けてあります。 PCM5102Aの配線はシンプルで基本的にほとんどがGND。パターンも少なくて済むので作業は楽でした。 RPiと合体 裏面を確認しながらそっと合体。 無事RPi0Wのシルエットに収まっています。 0.1uFのチップコンの他、Pin2~5の無極性コンデンサもDIP変換基盤に直付。真っ赤なWIMAの大きさがここにきて響く。ローパスフィルタだからもっと定数の小さいMKPとかで良かった・・・ セッティング つないで最終形態で鳴らしてみます。 アンプはTPA1517NEを使った自作品+トランス電源、スピーカーはMonitor Audio –