doll.grandolf.com
素材へのこだわり | Grandolf Dolls
ニット素材というと、普通は産地や品質のお話になるのですが、 Grandolf Dollsのこだわりは、別の視点です。 私がどう素材にこだわり、 なぜ販売とチャリティーを絡めているのかを、 ここを見て下さっている貴方にお伝えしたいと思います。 長くなりますが、残酷な写真や描写は登場しませんので、 安心して最後までお付き合いいただけましたら幸いです。 * * * 自称、動物好き 私は元々、動物好きでした。 でも昔は知識が乏しくて、 毛皮のコートも持っていたし、靴もカバンも革製品と決めていました。 ところがある時、何気なくみていたネット記事で 毛皮がどうやって作られているのかを気付かせてもらってから、 自分の行動を改めました。 今は意識して選択することを覚え、 食肉として犠牲になってもらっているんだからせめて代替のあるものくらいは、と 毛皮、皮革製品、動物実験された化粧品などは買わないようにしています。 かといって貴方に強要するつもりはありません。 自発的な気付きがあって、理解して初めて行動に移せるものだと思います。 毛糸は優しいという思い込み こんな私がニットデザイナーの伯母のもとで編み物を習い始めた頃は、 毛糸は羊から毛を刈るだけだし、命を奪うわけではないから、 動物に優しいハンドメイドだと安心しきっていました。 ある日、いつものように教室で新作のための毛糸を選んでいた時のこと。 私「やっぱりキッドモヘアよりベビーモヘアですよね~柔らかさが違う。」 教室の方「キッドは子供、だっけ?」 私「そうですね、キッドは子供、ベビーは赤ちゃん…」 で、ふと疑問が沸くわけです。 (そっか、ベビーモヘアって赤ちゃんから採ったモヘアだ。 …赤ちゃんって保温が大事なのに毛を奪っちゃったらダメじゃない?) 毛糸の現実 帰宅して調べていくうちに、知らなかった現実をいくつか学ぶことになりました。 ウールを多く採るために人間が手を加えてきたメリノ種は、仔羊のうちにミュールジング(ミュールシングともいいます。どんな行為かはここでは記述しませんのでお調べください。)という酷い扱われかたをしていたこと。でもミュールジングをしなかったら仔羊は別の辛い思いをしてしまうこともあるということ。 じゃあオーガニックウールなら大丈夫かというと必ずしもそうではないこと。