comicstreet.net
海外マンガの人々―パヴェル・コジーネクさんインタビュー | ComicStreet(外漫街)
海外マンガの仕事に関わる人物を紹介する「海外マンガの人々」。今回ご紹介するのは、チェコ・コミック研究の第一人者、パヴェル・コジーネク(Pavel Kořínek)さん。トマーシュ・プロクーペクさんと同様に2017年9月29日から2018年1月28日にかけて明治大学 米沢嘉博記念図書館で開催された「~日本におけるチェコ文化年2017~チェコ・コミックの100年展」の監修者を務め、2017年10月に来日し、「チェコ・コミック通史-20世紀を生き抜いたチェコ・コミック-」という講演も行いました。 パヴェル・コジーネクさん(Pavel Kořínek) コミック界では、どのようなお仕事をされているのですか。 コミックについての研究や意見が人類科学の一端として捉えてもらえるよう努力しています。この方面の研究者は、まだまだ少ないですが、批判的思考として意義のあるコミック研究を確立させたいですね。私一人では、到底、できない仕事ですから、他のコミック研究者と連携していくことが大切です。この基本的な立場をはっきりとさせたことで、具体的な目標を見据えることができました。まず、チェコ・コミックの歴史を深く掘り下げて研究すること。そして、コミックに興味を持つすべてのチェコ人が基本的な参考資料として使えるように、コミック理論の手引きとなるものを作ることです。つい最近まで、チェコにおいてコミックの歴史やコミック理論に関する詳しい書籍は殆ど存在しませんでした。この分野の知識と言えば、有名なコミック作家や作品の名前が、偶然、誰かの回想録に登場する程度のものでした。 まず、第一目標だったコミック研究ですが、数年前に『20世紀におけるチェコスロヴァキアのコミックの歴史(Dějiny československého komiksu 20. století )』と『コマとフキダシ。コミック理論に関する幾つかの章(V panelech a bublinách. Kapitoly z teorie