centralregionblog.wordpress.com
市民講座「北端という表象―大島渚『少年』と稚内」の後で
「北端という表象―大島渚『少年』と稚内」の市民講座を先ほどすませてきた。お客さんは少なかったけど、講座終了後の質疑がとても楽しかった。それはお客さんのなかに69年当時、アートシアター新宿文化で『少年』を観ており、その時はまさか自分が稚内に住むことになるとは思わなかったけど、その後、都合で稚内に住むようになったという方が来ておられたからだったりする。 〈風景論映画〉の均質化される風景への批判か…