centralregionblog.wordpress.com
原稿
「終戦後、国内の芸術・文化のさまざまな領域において、新しい世代によるリアリズムの概念の問い直しが行われたが、この問い直しとは、自然主義リアリズムに対する批判を含みながらも、本質的には当時の政治的・社会的状況を背景とした、社会主義リアリズムへの批判であったといえる。戦後の新しい芸術・文化運動を牽引した評論家の花田清輝は、その批判の中心的役割を担っていたといえるが、彼の言説が復興期の現実を捉え直…