centralregionblog.wordpress.com
歴史の使用法2
私が疑問を感じる歴史の使用法についてであるが、まず歴史を伝統性において使用する、「歴史の絶対化」という使用法への反発がある。これは分かりやすいだろう。 歴史とは過去の出来事の蓄積であり、現在はその関係性の帰結な訳だが、まずいのは過去との関係性を絶対視して、例えば教師と生徒の関係で何か伝統を継承したかのように振る舞うことだと思える。それに対して、そういった意味で使用されるような歴史を切断し、過…