centralregionblog.wordpress.com
第3回恵比寿映像際:メディアが結ぶ夢 E.=Jマレ、R・グラハム、K・ジェイコヴス、園田枝里子、牧野貴
このプログラムは、それ自体が写真(静止した映像)と運動する映像の関係を考察するように、“映像メディア論としてのプログラム”として編まれている。そのコンセプトに写真美術館らしさを感じる。プログラムの冒頭においてはエティエンヌ=ジュール・マレーの連続写真が導入的に上映されたのだが、これも写美らしいといえば写美らしい。写真と運動する映像の関係性が考察されるとき、それは多くの場合、広義のアニメーショ…