blog.nsmpx.com
OSX10.9 Mavericksにしてから変わった事 | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
去る10月23日登場のMavericksを導入してから約2週間が経つ訳だが、明らかに変わった事がある。 それは圧倒的にSafariの使用頻度が上がった事だ。 何と言ってもiCloudキーチェーンはとても便利がいい。 これまでどういう訳か、Google Chromeの使用頻度が高かった。 その理由はWindows PC間においてブックマークの自動同期ができるし、iOS版Google Chromeにおいてもブックマークが利用できる所にあった。 もちろん、iCloudの登場によりブックマークの同期が出来ることは分かってはいるのだが、どういう訳かGoogle Chromeをよく使っていた。 おそらく習慣的なものと、WindowsのメインストリームをWindows XPからWindows 7やWindows 8への完全移行が遅くなった事が大きな要因でもあると思うが、もう一つはブックマークの移行が面倒というのも大きな要因だったのかもしれない。 去る9月18日、AppleはWindows用のiCloudコントロールパネル3.0をリリース。これにより今までInternet Explorerしか対応しなかったブックマークの同期がFireFox、Google Chromeでも可能となった。 だが、どういう訳かこのときには魅力を感じなかったのだ。 その理由は基本的にMacでもWindowsでもiOSデバイスでもSafariやInternet Explorerを利用する頻度は低かったことにある。 しかしながら、最近になって不満が多数出てきた。 最もそれは仕事スタイルの変化に伴って生まれてきたもので、特にiPad miniの導入が大きい。 ノートパソコンを出して、テザリングしてネットに繋がずとも、大抵の事はiPad miniで対応できるようになった。だからこそ見えてきたGoogle Chromeの欠点、それがJavaScript、そしてIDとパスワードの保存の同期だ。 Google ChromeはWindowsとMac間においてはJavaScriptの使用は可能だし、IDとパスワードも同期が可能だ。だがしかし、モバイル版においてJavaScriptは一部動作せず、またPCとモバイル間のIDとパスワードの同期も行われない。