blog.nsmpx.com
エクインは参考になるのか?<解決編> | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
昨日の記事の続きとなります。 もう一度エクインの結果を見てほしいと思います。 Sat4自作Desktop NEC VALUE STAR PC-VN770ES6R Macbook Air (Mid 2011) BootCamp Macbook Air (Mid 2011) VMWare Fusion5 CPU Intel Core2 Quad 6600 2.4GHz 4コア/4スレッド Intel Core i5 2410M 2.3GHz 2コア/4スレッド Intel Core i7 1.8GHz 2コア/4スレッド Intel Core i7 1.8GHz 2コア/2スレッド RAM DDR2 800MHz 8GB 2GB×4 (Dual Channel) DDR3 1333MHz 8GB 4GB×2 (Dual Channel) DDR3 1333MHz 4GB DDR3 1333MHz 2GB GPU Nvidia GeForce 260GTX Intel HD Graphics 3000 Intel HD Graphics 3000 Intel HD Graphics 3000 HDD RAID 0 HDD 2TB×2 7200rpm HDD 2TB 5400rpm Flash Memory 256GB (50GB) Flash Memory 256GB (50GB) 疑問点が2つありましたが、解決しました。 腑に落ちなかったメモリの数値、HDDの数値ですが、HDDの数値については色々調べた結果、5.9という数字そのものがVista時代の最高指数だったこと、また7からSSDが標準となったことなどから5.9という数字は決して低くはなく、ただ逆にこの数値以上出すにはSSDじゃないと無理っぽいです。 そういわれるとMacBook Airの数値だけが高いのも納得がいきます。また、エクインはベンチマークテストとは違い快適度を示す値でもあるため、どうやらHDDに関して正確に測りたい場合はベンチマークテストしかないようです。 当然ベンチマーク上ではNECよりも自作PCの方が早くなります。 …で腑に落ちなかったメモリの数値ですが、これも私としたことが一カ所見落とししていました。 昨日の表にその見落とし部分を追記しました。