blog.nsmpx.com
【メモ書き】Windows XP 『Documents & Settings』 を別ドライブで管理する | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
『今回のシステム再構築の要因』 基本的には色々なアプリケーションの挙動がおかしくなったため。 Cubaseのミキサーが何故か固定になってしまい、裏に隠れて起動しているプラグインが見えない状態になったなりの弊害が出ただけでなく、iTunesが起動しなくなってしまったため再構築に至る。 今回の再構築で重視すべきは「Documents & Settings」を別ドライブで管理することにある。 ・何故別ドライブで管理するのか? systemrootドライブ(通常はCドライブ)にSSDを用いているがいつの間にか膨大に容量を圧迫しだした。 その原因は、特にiPhoneのバックアップデータを「Documents & Settings」に作ってしまうためである。 「Program Files」を別ドライブ管理という方法もあるがアプリケーションによっては挙動がおかしくなってしまう物が存在する事は前から把握済み。(特にセキュリティーソフト関係) インストール時にカスタム出来る物はカスタム設定で別ドライブにインストールするように心がける事でSSDの圧迫を防ぎ、systemrootドライブの「Program Files」はそのまま残すことで、動作上のトラブルを未然に防ぐ。 また高速ドライブであるSSD以外に「Program Files」を完全に置くのはせっかくの高速ドライブが完全に活かせない事にもなる。 よってSSDと別ドライブの2カ所で管理することにする。 【注意事項】 「Documents & Settings」を別ドライブで管理する方法はWindowsが動作する上での心臓部にもなるレジストリの書き換えが必要となる為、リスクを伴う。 下手にいじれば起動しなくなってしまうので注意が必要。 <今回判明していること> 特にCubase 4シリーズをお使いの方は、Version 4.5.2.274へのアップデートをする際、systemrootドライブ(通常はCドライブ)にある「Documents & Settings」の中のデータにアクセスするため、この時点で別ドライブに映している場合アップデートが出来ない。 よって再構築時に先にCubaseをインストールしアップデートを先にしてしまい、その後レジストリを変更する事で回避できる。 今回は「Documents &