blog.nsmpx.com
Macintoshについて語る… | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
仕事の関連で、Macも操作できるようにとMacBookが送られてきた。 2週間の貸し出し…期限付きだがだいぶMacの良さが分かりだしてきた。 そこで私なりのMacに対する思いを語ってみたいと思う。 取っつきにくいイメージ Macといえばこれまでクリエーターが使うものというイメージがかなり定着している。 よって難しいのではないかとか変なイメージにとらわれやすい。 しかし、昔からGUIを基調としたインターフェースは実は非常にわかりやすい。 ただ設定面は難解で、この部分さえ突破できればあとはWindowsよりも楽というそんな一面を持っている。 その点WindowsはもともとDOSから発展したもので、いわゆるテキストサービスからGUIへの移行という代物。 Windows95になって初めて完全にDOSから切り離されたサービス。 しかし近年Macの影響を大きく受けているのが特徴。 それもそのはずである…GUIを突き詰めていくとどうしてもそうなるのだ。 GUIを基調としているMacは昔はすごく高かった。 それはやはりグラフィック処理部分に膨大な費用がかかるという所にあるだろう。 しかし…近年に来てその常識を覆すようになってくる。 その先駆者的存在はまずiMacから始まる。 「見た目的に欲しいと思わせるデザイン製の取り入れ。」 近年のアップル製品の特徴はなんと言ってもデザインである。 Windows機よりは若干高いイメージはあるものの、欲しいなぁと思わせるデザインは目を惹くものがあった。 特に液晶を採用してからiMacにおいては既に置いてあるだけでインテリアである。 さらにMacへの常識を変えたのが、iPodである。 「Windowsユーザーでも使えるiPod/iPhoneの登場」 iPodユーザーは短期間で増えていった。 それはデザインももちろんだが使いやすいインターフェースというのが特徴だろう。 使ってみて初めてiPodはいいものなんだなと実感できる。 iPhoneは残念ながら日本の携帯電話と仕様が異なることからやはり一歩引いてしまうところがあるもしれないが、パソコンをそれなりに使える人にとってはこれほど画期的なモバイル端末は類を見ない。 さらに近年…Windowsユーザーを巻き込む大々的な革命が起きる。 そう…Intel Macの登場である。 「もはや中身はPC/AT互換機