blog.nsmpx.com
スマートに… | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
仕事が変わってからPCを持ち歩く機会がメッキリ少なくなって、iPhoneだけでほぼ賄えるようになった。iPhoneは実に便利になったものだっと言いたいところだが実のところこれは少し違う。 正確に言うと、今までも「やろうと思えばiPhoneだけでどうにかできるはずだが、会社のシステム上の関連でやむを得ずPCが必要であった」である。 もっとも以前の仕事はPCがないと出来ないこともあった為、iPhone1つでって訳には行かなかったが、何が言いたいかと言うとネックになっているのは「会社のシステム」なのである。 いや、なんでこんな事を書き始めたかと言うと、恐らく多くの会社で見受けられる現象があったからである。 待て待て…この表示は一体なんだ? いや、この表示が出る原因は分かっている。だからこそ 「一体どうなっているんだ?」 ってなるわけですが、この時点で 「こいつは一体何を騒いでいるんだ?」 と思った会社役員やシステム関連者、というか会社は問題意識が低いと認識すべきだろう。 さて、この表示が何故出るか?であるが 「http://」から始まるか 「https://」から始まるか の違いである。 この違いはTLS暗号化通信が行われているかいないかの違いであるが、かつてはクレジットカード情報を入力するようなページだけにHTTPSが配備されていたが、この数年でホームページ全体をHTTPS化する流れがきている。つまり、サイトに接続している通信そのものを暗号化しようと言うもの。そうすることでログインのID/PASSの入力を悪意のある第三者が覗き見したりサイトの中身を覗き見されるのを未然に防ごうと言うものだ。 詳しく知りたい方はこちらのサイトに仕組みも含めてHTTPSの事を記事にされているので目を通していただければと思う。 今なぜHTTPS化なのか?インターネットの信頼性のために、技術者が知っておきたいTLSの歴史と技術背景 数年前からGoogleやYahooを始めとした大手サイトはHTTPS化をしていた。 ただ、記事にもあるが、HTTPS化をするにはコストがかかると言う問題があったため、すぐに取り組めないと言うのもあっただろうが、お気づきだろうか?今読んでいただいているこのサイト自身もHTTPSになっている。