blog.nsmpx.com
Internet Explorer 8,9,10 & Windows 8のサポートが終了 | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
Internet Explorer 8,9,10(但しWindows Vista Service Pack 2におけるInternet Explorer 9はWindows Vistaの延長サポート終了(2017/4/11)までサポートされる予定。)とWindows 8のサポート期限が2016/1/12を持って終了した。 現在Windows Vistaを除いてInternet Explorerの最新バージョンはInternet Explorer 11となる。 また、Windows 8ユーザーはWindows 8.1へアップグレードするか、Windows 10へアップグレードすればサポートは継続されることになる。 さて、これが何を意味をするのか?極論ではあるがこういうことだ。 ・Windows Vistaユーザーは2017/4/11までに新しいPCを購入しなさい。 ・Windows7,8,8.1ユーザーはアップグレード無料期間内(2016/7/28まで?)にWindows 10にアップグレードしなさい。 今後のことを考えればInternet Explorer 11もいつかはサポートを終了する。それはWindows 10から導入された新しいブラウザ Microsoft Edge へ今後シフトしていくことは容易に推測できるからである。 それに、Windows 7はすでにメインストリームサポートは2015/1/13で終了しており延長サポートは2020/1/14で終了する。 Windows 8/8.1に置いてはメインストリームサポートの終了は2018/1/9、延長サポートは2023/1/10で終了となる。 メインストリームサポートの終了は、今後新機能は追加されることはないことを意味し、延長サポート期間というのは新しいPCへ移行するための準備期間だと思っていた方がいいだろう。 よって、使っているアプリケーションやシステム等、特別な事情がない限り、最新であるWindows 10にアップグレードした方がいい。 とはいえアップグレードには注意が必要だ。 家電メーカー製のPCを利用している人はメーカーがWindows 10へのアップグレードをサポートをしているかどうかを確認した方がいい。 サポートされていない場合は、温順しく新しいPCを買う方が無難だ。