blog.nsmpx.com
MacにWindows8をUEFIでインストールするも… | | Dual's Sat4のぶらっとBlog
通常、MacにWindowsをインストールする場合はBootCampを使用してインストールする。これはMacがUEFIを利用しているのに対しWindowsはBIOSを利用している事が原因であるが、Windows7の64bit版、並びにWindows8の64bit版は実はUEFIでのインストールが可能となっているという。だが、Windows7のUEFIのブートローダーはMacから起動できないという説がある。これはWindows7が出た当初、MacのUEFIのバージョンが1.1だったからという説もあり、現在はインストールできる可能性もある。事実海外ではUEFIによるインストールでOSX Lion、Windows 7 x64、Ubuntu11.04 x64のマルチブートできたという報告事例もある。 対するWindows8はWindows自作ユーザーの間ではマザーボードがUEFIに対応していればUEFIでインストールすると起動が速いというのはWindows8が出た当初から知られていることで、MacはUEFIなのでWindows8はUEFIでインストールできるのではないか?という憶測は私にもあった。 しかし、確かにWindows8のインストールディスクを入れると『EFI Boot』の文字は現れ、インストール画面までは進むがインストール時に 『このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。』 と出て来てしまい、やはり無理なのか?と一旦はあきらめてBootCampでインストールをした。 だが、つい先日に10/18にリリースされ、その当日にWindows8.1にアップデートした事が原因で一部アプリケーションが動作しない事が判明し、一旦Windows8に戻さなければならなくなった為、これを機にもう一度WIndows8をUEFIでインストールを試みる事にしてみた。