bigan.info
骨盤の横 太ももの付け根の出っ張りを引っ込める 簡単ストレッチプログラム | 中目黒整体レメディオ
ストレッチプログラムを紹介します! : 太ももの付け根の出っ張りを引っ込めるストレッチをプログラムとして紹介していきます。 出っ張りを引っ込める場合、股関節のバランスを調整することが重要です。このプログラムは股関節、特に深部の筋肉にアプローチすることで整えていきます。 簡単なストレッチです。毎日行ってみてください。 股関節のお尻側の奥にある筋肉をゆるめよう : このストレッチを行うことによって、股関節の筋肉が柔軟になり大転子の位置が戻りやすくなります。 ① 両足は膝をたて、お尻の幅よりも大きく開きます。 両手を後ろにつき、上半身を支えます。 ② 両膝を同じ方向に倒します。 この時、下半身を捻るようにすると、行いやすいと思います。 ③ 上にある膝の上に、下の足の踵をのせます。 背筋を伸ばし、お尻を覗き込むように上体を捻ります。 回数:30秒 1日に3~5回 股関節が硬い方は、かなり負荷がかかります。 辛いと感じられた時は、無理に③にせず、②の状態で上半身を捻るだけでも十分です。 股関節の前側の奥にある筋肉をゆるめよう : このストレッチを行うことによって、太ももの骨の内側へのねじれが解消され大転子が戻りやすくなります。 ① 仰向けになり膝を立て、足の幅をお尻よりも大きく開きます。 ② 図のように足を持ち上げます。 股を出来るだけ開き、膝を約90度になるようにします。 ③ ②の状態を崩さないように、手で足を外側から掴み体の力を抜きます。 足は広がらないように注意して下さい。 回数: 30秒~1分 3~5回 ※③のポーズの時に、無理に足を体に引き寄せないようにして下さい。 肩の力を抜くことで自然と手や腕の重みが伝わり、股関節に負荷をかけることが出来ます。 股関節周辺を伸ばす事で、歩く時などの脚の前後のふり幅が広くなりスムーズに動かすことが出来ます。そうすると、お尻の筋肉を効率的に使うことが出来るので、自然と太ももの付け根の膨らみの解消・ヒップアップ・O脚改善につながります。 太ももの付け根にある、大転子を引っ込めよう : このストレッチを行うことによって、大転子の位置が骨盤の方へと引っ込んでいきます。 ① 膝の間を肩幅に広げた状態で正座します。 その状態からゆっくりと後ろに倒れます。