ascreed.jp
情報発信能力とブランドについて | 株式会社アスクリード
情報発信しない奴は世界から認識されない!! こんにちは、アスクリードでディレクターをやっているタカセです。 最近こんなツイートが流れてきました。 情報発信しない奴は世界から認識されない!! #startupvr pic.twitter.com/tua9lj0VTK— ひろざわだいき (@HirozawaDaiki) 2016年6月5日 つらい。 私は、インターネットを徘徊するのがすごく好きで、時間ができるとFacebook、twitter、instagramをウロウロしています。 その後、Feedlyに溜まった記事(1日で数百記事流れてくるようになってしまった。。)を流し読んだり、TEDの動画を見ています。 また、最近個人的にはまっいるのがrebuildfmで、コンテンツが出てくるのをいつも楽しみにしています。 そんなこんなで、獲得した情報は、自分の仕事に反映していくと同時に、周りの仲間にさも自分が考えたかのように話して、なんとなく自分が頭良くなった感じを味合い満足感を得ていたりしています。 そんな毎日です。 そこにきて情報発信しない奴は世界から認識されない!!とか言われたらつらい。。 コンテンツの生産者と消費者 インターネットの中には2種類の人がいて、それがコンテンツを生産する側の人と、それを消費する人。 生産する側の人はおそらく積極的に消費活動も行っているが、消費を主にしている人はコンテンツの生産はあまりできていないように思う。 大量の情報に埋もれている私と一緒で、自分の興味分野の情報をひたすら消費し続けている。 私は何者なのか? そんな中でも、今こうやってブログを書いているのは、アスクリードでは情報発信することが非常に重要であると考え、その文化を根付かせようとしているからです。 特に自社サービスのnorenでは、アプリを通じ顧客に対して情報発信することを積極的に推奨しています。 情報を発信するということは、 私たちは何者であるかを表現することだと思います。 しかし、これがまた大変です。 情報発信しなれないと、何をどうしたらいいのかさっぱりわかりません。