aderi.co
2017年まとめ | Aderi | Sumi Maki
あけましておめでとうございます。 10年前まではみんながやっていた、「ブログに文章を書く」ことが、ちょっと特別なことになって来た今日この頃ですが、年に一度くらいは、自分がどんなことを考えていて、これからどんなことをやりたいのか書いておいた方が、後で振り返った時いいかなあと思います。 2017年は、前年末に二人目の子が生まれたり引っ越しをしたりと、また家族が次の段階に行きましたが、仕事もありがたいことに過去最高に忙しく、職場が職場だったら育休中のはずなのになぜ…と思いながらも、生後4ヶ月から次男を保育園に預けて働きました。 でも、フリーランスで自宅事務所で平日昼間にひとり仕事をするのは、自分の性格には合っているようです。 保育園から呼び出しがあっても、だいたいすぐに応じられるし。 次男はさすがに手足口病やらアデノウィルスやら一通りかかりましたが、長男は全くの健康体で保育園もほとんど病欠せず、これもまたありがたかったです。健康第一。 できるだけ仕事を子育ての言い訳にしたくなかったので(逆ではない)、2017年はイベント等の主催をせず、サポートに徹しました。 サポートの方が得意だと思うのですが、そればっかりやっていると、うまく仕事を回せることに満足してしまい、その上の「やるべきこと」「世の中を良くする一手」なのかが分からなくなってくるので、今年は少しその辺りを再び意識していきたいと思います。 私の周辺の世の中は、2020年以降のビジョンが不明瞭で、そこまでは私の仕事も大丈夫そうだけど、オリンピック終わったらどうなってしまうのだろう??という不安は常にありますが、何かすごく突飛で面白いことが思い浮かぶわけではないので、私は私のできること(主に地下活動)を粛々と続けようと思っています。 今年はCliff Edge Projectが狩野川台風で行われたり、Scale Laboratoryも活動続けていきますし、小休憩中の三島の文化応援プロジェクトも活性化していけたらと思っています。 ヘッダーに書いてある「趣味と仕事が繋がった」は、手ぬぐいが仕事になってきたことですね。 まさかそんなことがあるとは思ってなかったんですけど、なんでも続けると専門家っぽくなってきますね。 日本刀の方も、自分がやるべきことを見つけられたらいいのですが。 お世話になった皆様、ありがとうございました。