120en.com
第27回公演『縄文悶々土偶恋慕』のお知らせ
劇団120○ENの第27回目となる次回公演は、第6回POP演劇祭での上演となります。 劇団120○EN 第27回公演第6回POP演劇祭出場作品 『縄文悶々土偶恋慕』 (じょうもんもんもんどぐうれんぼ) 脚本・演出清野和也日程 5月4日(土・祝) 17:00~ 5月5日(日) 17:00~ 会場 福島テルサFTホール福島県福島市上町4−25 料金 POP演劇祭入場料一般 1,500円学生 500円高校生 300円中学生以下無料 演劇祭詳細・予約はこちら ※第6回POP演劇祭出場作品です。観劇には演劇祭の入場券が必要です。 ●本作の特徴●● あなたの縄文魂(スピリッツ)が震えだす 縄文時代を舞台にした縄文時代劇『縄文悶々土偶恋慕』は、 踊りや狩り、稲作定住までを幅広くカバーした作品。あなたの心に眠る縄文魂が騒ぎ出します。 観やすく、聞きやすく、親しみやすい60分。解説にパワーポイントを使用! 観やすく、聞きやすく、親しみやすい作風で演劇を楽しめます。上演時間はちょうど1時間。「パワーポイント」を使って縄文から弥生の移り変わりの要点を解説しながらの上演で、歴史が苦手な人でも無理なく観劇できます。 縄文から弥生の過渡期を描く作品 縄文の生活様式だった村が「稲作定住」を選ぶまでの、出来事の背景や因果関係がそれなりにわかる作品で、歴史的思考を深めることもできるかもしれません。 2日間の上演で観劇をサポート ゴールデンウィーク、2日間の上演で観たい日を選べます。これまでにない「縄文時代劇」で日本史のおもしろさを実感できるようにがんばります。 劇団員POP卒業公演 10代,20代までしか出場できないルールのPOP演劇祭。120◯ENは、第一回から参加してきましたが、代表の清野、増田屋、萩原、飯野拓(客演)にとっては最後の卒業公演となります。 ※上記内容は上演時には一部変更となる場合があります。 キャスト 村一番の土偶職人アイノネ萩原功太 縄文の村に移り住んだ「弥生人」サンクル増田屋祐介 村一番の知恵者サンニョアイノ 飯野拓 (客演)シャーマンの女性シカルンテ 川島ゆかり サンクルの想い人