120en.com
世良修蔵 – 福島市に関連する人物・偉人
世良修蔵 せらしゅうぞう ジャンル:人物・偉人 生きた時代:幕末 関連地域:福島城下 題材公演:怪・世良・世良 概要 世良修蔵(せらしゅうぞう)は、幕末の長州藩士。 天保6年7月14日~ 慶応4年閏4月20日。 戊辰戦争では、奥羽鎮守府総督府下参謀をつとめた。 閏4月19日、福島城下の金沢屋にて、浅草屋宇一郎ほかに襲撃され、同日、長楽寺近くの阿武隈川河原で斬首された。 この暗殺が東北各藩と新政府との対立を決定的なものにし、戊辰戦争の戦火が東北に及ぶことになる。 現在は、信夫山の護国神社に英霊として祀られている。 120○EN作品では? 第19回公演「怪・世良・世良」の主人公。 福島城下で斬首されたときの、首一つのまま、三途の川にたどり着く。 あの世への渡し賃「六文銭」も持たない彼は、地獄行きを告げられる。