120en.com
「東北劇の陣」優勝のご報告
2018年11月17日~18日、宮城県仙台市の10-BOXで行われた短編演劇コンクールの東北大会、「東北劇の陣」(劇作家協会東北支部主催)において、劇団120○ENが上演した『こころ、ころろ』(作:清野和也)が 東北王(優勝) 観客賞 審査員特別賞 脚本賞 清野和也 審査員特別賞 男優賞 那須大洋 審査員特別賞 男優賞 大信田勇太 を受賞しました。 劇の陣運営の皆さま、審査員の皆さま、お客さま方、参加された他団体の皆さま、10-BOXの皆さま、ありがとうございます。 また、これまで本劇団の活動を支えてくださった皆さまのお力、ご声援で受賞することが出来ました。改めて感謝申し上げます。 「東北劇の陣」 統一ルール 「上演時間20分以内」「出演者3名以内」 「観客と審査員の投票によって優勝が決る」 ■日時 11月17日(土)16時 予選 -6作品- 11月18日(日)14時 決勝 -4作品- ■会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 仙台市若林区卸町2丁目12-9 ■チケット (各回70席限定) 前売り2,000円 当日2,500円 予選、決勝2回観劇 Wチケット3,500円 ■主催 劇作家協会東北支部コンクール実行委員会 ■助成 (公財)仙台市市民文化事業団 ■後援 助成 ニューヨーク+全米のSHINSAI: Theaters for Japan 審査員(敬称略) 秋亜綺羅(あきあきら) 1951年、仙台市生まれ。詩人、エッセイスト。 「歴程」同人。個人誌「ココア共和国」主宰。日本現代詩人会理事長。 18歳のとき寺山修司に見出され上京、詩と演劇界に。 劇団東京キッドブラザースの脚本など。 26歳で仙台に戻り、ジャンルを超えたイベントの企画を手がける。 『透明海岸から鳥の島まで』で第22回丸山豊記念現代詩賞受賞。 詩集『ひよこの空想力飛行ゲーム』のほか、絵本エッセイ集などがある。 朗読では舞踏、現代音楽などとのコラボも。 丸尾聡(まるおさとし) 作家・演出家・俳優。 代表に戯曲『離宮のタルト 』『 死刑執行人 』『飯綱おろし』(以上テアトロ掲載)など。