zpolski.net
ポーランド南部・カトヴィチェ、建築デザインスポット8選
ポーランドを代表する工業地域としても知られるポーランド南部のカトヴィチェ(Katowice)。かつては炭鉱の街として発展してきたことで、戦後の環境汚染が深刻な問題になったことも。その後、石炭の使用減少や公害の原因となる工場が閉鎖していくなかで徐々に改善。現在では観光都市・文化都市として進化しています。 高速列車ペンドリーノ(EIP)を利用すれば、ワルシャワからは約2時間半。カ トヴィチェの魅力のひとつが新旧の建築群です。EU資金の恩恵によりポーランド全土に文化施設が建てられているなか、カトヴィチェでも建築ラッシュが続きました。ここではバウハウス型モダニズム建築から現代建築まで、おすすめの建築スポット8つご紹介します。top photo by Monika Magdalena Zając 01 カトヴィチェ国際会議センター(Katowice International Conference Centre/ ICC) [caption id=attachment_2145 align=aligncenter width=672] photos via http://jems.pl/[/caption] ワルシャワを拠点とする建築家集団 JEMSによって2015年に建てられたカトヴィチェ国際会議センター(ICC)。傾斜面、屋根、階段、テラスは緑色で覆われています。自然とアバンギャルドを結びつけ、重工業で発展してきたカトヴィチェのイメージを柔らかく、未来を見下ろす新しい建築景観が生み出されました。 http://www.mckkatowice.pl/en/所在地:plac Sławika i Antalla 1, 40-166 Katowice 02 シレジア美術館(Silesian Museum Katowice) [caption id=attachment_2146 align=aligncenter width=672] photo by Silesian Museum Katowice[/caption] 1929年に設立されたシレジア美術館。戦後1986年に修復され、2007年より新館を建設プロジェクトが開始、2015年に完成。1999年に閉鎖された炭鉱の跡地に建設され、かつてのポストインダストリアルの風景を損なわないよう、建物はガラスキューブの構成のみ、代わりに地下13メートルまでの展示スペースがつくられました。鉱山シャフトのタワーのシルエットはシレジアの風景の特徴的なシンボル。https://muzeumslaskie.pl/pl/所在地:Tadeusza Dobrowolskiego, Katowice, Poland 03 スポデク(Spodek) [caption id=attachment_2147 align=aligncenter width=672] photo by Spodek[/caption] UFOのような形状から、フライングソーサー(空飛ぶ円盤)を指す<Spodek>(ポーランド語でソーサーを意味する)とつけられた多目的アリーナ複合施設。建築は1964年から始まり1971年に完成。カトヴィチェの象徴的な存在でもある建物です。http://www.spodekkatowice.pl/所在地:Spodek, aleja Korfantego 35, 40-005 Katowice 04 ポーランド国立放送交響楽団(National Polish Radio Symphony Orchestra) [caption id=attachment_2148 align=aligncenter width=672] ポーランド国立放送交響楽団 photo by National Polish Radio Symphony Orchestra[/caption] ...