ysugie.com
なぜテレビと新聞の災害報道は違うのか
「平成30年7月豪雨」と名付けられた豪雨は、西日本を中心とした各地で、何十年に1度という驚くべき雨量で甚大な被害をもたらし、未曾有の大災害となっています。この災害に対するテレビの報道姿勢をめぐって、新聞社の方から「テレビは最初のうちは大きく報道するが、途中からあまり報道しなくなる。安否不明の人が大勢いるのに、早々と報道が控えめになるのはいかがなものか」と指摘がありました。 難しい問題です。新聞社の人間とテレビ局の人間では、こういった報道姿勢の認識に大きな差があるからです。実際に報道する内容や目的も、新聞とテレビでは異なり、新聞とテレビでは役割分担をしているのが、そのような認識の差を生む原因ではないかと僕は考えています。 新聞では災害報道が重きを置くのは被害状況であり、水没した家の多さ、土砂災害のひどさ、などを大きな見出しで記事にします。犠牲者の数が増えるにしたがって記事は大きくなり、最大の死者数を大きな活字で載せるのがピークです。それから被害状況や避難所の様子、復旧・復興に向けた動き、などを取材して記事にします。メインになる写真は多くの水没した家屋などです。いわば「結果」を伝えるのが重要な役割です。 一方テレビでは、気象庁から大雨の予報が出た時点から大きく報道します。実際に大雨が降り出すより前の段階です。被害を未然に防ぐことに、報道の重きを置いているのです。警戒警報、特別警報が発令され、避難指示が出たころが報道のピークです。他の番組を中止してでも、避難指示を伝えます。それから実際に大雨が降り出したら、その雨量を伝え、被害状況を伝えます。雨が終わってからも新聞社と同様に、土砂災害の様子や犠牲者について報道しますが、避難指示を放送していた頃と比較すれば、報道の勢いは落ちます。いわば「事前警戒」を伝えることがテレビの最も重要な役割なのです。