ysugie.com
安倍政権がダメだと判った今、じゃあどうすればいいのか?
森友問題、いや森友学園に関する国家的隠蔽問題と言うべきでしょうか。財務省に決定的な首相関与の証拠となる文書があるにもかかわらず、否認を続け籠池氏を国家権力で拘留する傍ら、首相夫人の安倍昭恵氏の証人喚問は認めないという、もはや誰が見ても真っ黒な安倍政権の現状に、安倍首相退陣を求める声はこれまでにないほど高まっています。5年あまりという安倍首相の長期政権がもたらした弊害については、もはやここでは述べません。アベノミクスで財政を極限まで悪化させ、ついに致命的な状況に日本を追い込んだことだけは間違いありませんが、ではどうやったら脱出できるのでしょうか? このとんでもない人物に政権を任せてきた責任は、私たち国民にあります。そして安倍政権に退陣を求める声が今や大半を占めるのにもかかわらず、メディアは内閣総理大臣夫人である安倍昭恵氏のキャラクターなどを脳天気に書くばかりで、肝心なこれからの日本の舵取りに必要な情報は、どこからも出てきません。重要なのは安倍政権の打倒ではなく、それは当たり前のこととして、次期政権はいかにあるべきかを考えることです。どんな政策を持って国際的にピンチに追い込まれている日本の国際社会における地位を取り戻し、健全な経済政策を運営し、低福祉社会を改善して次の世代に魅力ある日本を残せるか。その政策を我々市民が考える時がきたのだと思います。 何も考えずにいることは、罪です。安倍内閣の支持率をもたらす最大の理由は、「他の内閣よりマシだとおもったから」という消極的な理由が、このところずっと続いています。野党が頼りない、というのは民主党時代の失政(僕に言わせれば、失政と言うほどのものではなく、沖縄基地問題の解消など過大な公約をして不履行に終わったこと、3.11があって対応が遅れたこと、日本の経済が思ったほど伸びず、そんな状態で消費税引き上げを行ったこと、といった悪いイメージがこびりついているに過ぎないと思うのですが)まあ、その失政の反動から、やっぱり自民党だよな、という思考停止の状態が国民に蔓延している状態だと考えられます。