ysugie.com
なぜ朝日新聞だけが森友事件をスクープできたのか
もう森友問題などとは呼びたくありません。森友文書の改ざんは3月12日明らかになり、首相の関与も明々白々といった状態になっています。もはや森友事件と呼んで歴史に名を残すべき、戦後最大の日本の民主主義の危機です。国民、官僚、メディアが一丸となって、この事件を本質まで明らかにし、日本の政府を健全化する以外に危機を乗り越える道はありません。 この件に関しては、右も左も関係ありません。保守もリベラルも関係ありません。「隠蔽」を許さず「真実」を追求するのみです。3月2日に朝日新聞が独自取材で、財務省内部の改ざん文書の存在を衝撃の大スクープ報道してから、3月12日にそれを認める報告を、財務省が提出するまでの急転直下のいきさつは、僕が産経デジタルに依頼されて書いた記事、 「『朝日新聞と安倍首相の一騎打ち』森友文書改ざん、勝者はどっち?」 に書いたとおりです。 産経デジタルから連絡があったのは3月10日の夜でした。新聞社の中では読売新聞以上にさらに右寄り、政権寄りの報道で知られる産経新聞が、ライバルである「朝日新聞のスクープを評価し、首相の責任問題をも問う」といった記事の執筆を依頼してきたのは驚きでした。電話口で思わず、僕は失礼ながら「え?産経さんにそんな記事を書いても良いのですか?」と問い返したくらいです。担当編集者は「もちろんです。うちは是々非々であって、右左は関係ありません」とキッパリと言いました。 その時点で僕は、ただならぬことが今、この日本で起こっているのだと直感しました。マスメディアが揃って真相の追究に乗り出している。おそらく官僚の現場も決意を固めたのだろう。そんなことを考えながら1日で記事を書き上げました。3月12日以降の事態の推移は、みなさんよくご存じのとおりです。今日はどうやって朝日新聞がこのスクープを出せたのか、それを妄想してプチ小説風に書いてみました。朝日新聞社に東大法学部卒の社員が大勢入社していることは事実です。また官僚たちが今どういう状況にあるかは、以前書いた記事、 「日本の官僚は『内閣人事局』で骨抜きにされた」 をあらかじめ読んでおいて頂けると、ストーリーがよく分かると思います。 ーーー