ysugie.com
金正恩トランプ首脳会談と日本
3月8日に世界を駆け巡ったのは、北朝鮮がアメリカ合衆国に首脳会談をもちかけ、トランプ大統領がそれに合意したというビッグニュースでした。5月までにはそれを実現するとのことです。この首脳会談については、本当に実現するのか、北朝鮮お得意の揺さぶりでは、といった懐疑的な報道も多いようですが、ここでは米朝首脳会談が実現したとして、それが日本にどういう影響をもたらすのかを考えます。 まずどのような合意がなされるだろうか、という分析から。 北朝鮮は一貫してアメリカを脅威と見なし、それに備えるために核武装を進めてきました。そして核保有国と認められ、対等な立場でアメリカと平和条約を結ぶのが悲願でした。一方アメリカは、かつては北朝鮮を東アジアの小国と侮っていましたが、北朝鮮の核開発が進み、ついにはアメリカ合衆国本土に到達する核弾道ミサイルも完成間近となって、ようやく本腰を入れて対応に力を入れ始めた、といったところでしょうか。そんな両者の本音を付き合わせてみると、着地点は自ずから見えてくるようです。 僕はずばり、北朝鮮とアメリカとの二国間による平和条約が結ばれる、という予想をしています。アメリカは北朝鮮を攻撃しない、を条件に、北朝鮮はアメリカを攻撃しない、という合意がなされれば、北朝鮮にとっては悲願の達成であり、トランプ大統領にしてみれば、アメリカ本土を攻撃される脅威を排除できます。アメリカ・ファースト主義のトランプですから、世界の警察などする気はない。アメリカ本土さえ攻撃されなければそれでよい、と考えるでしょうから、北朝鮮がこれ以上核開発を進めるのをやめ、アメリカ本土を射程にしない、という確約が取れればそれでいいのです。