ysugie.com
ドナー登録(臓器提供)してみる
心臓移植、肝臓移植など、臓器移植手術で貴重な命が助かるケースは、今の医学ではさほど珍しくありません。ドナー(臓器提供者)さえいれば、医学的には別に高度な手術ではなく、昔から難しくなく行われてきました。しかし自分の死後に新鮮な臓器を必要な人に寄付しますよ、という意思表示(いわゆるドナー登録)をしている人の割合は、日本の場合は極端に少ないのです。それが今、問題になっています。 ヨーロッパ諸国の数十分の一。アメリカの五分の一。中国の半分。先進国の中では飛び抜けて臓器提供者が少ないのです。理由はいろいろありますが、一つには万が一の死の後に臓器を提供するという、本人の意思表示の仕方が、いまいち普及していないのではないかと考えられます。僕は健康保険証の裏に小さく「臓器提供するを選択」「すべて」「自筆署名」を記入していますが、それだけでは不十分な気がしてきました。 交通事故で死んだときなど、健康保険証を携帯していないとき、医師はどうやって本人の意思を知り得るのでしょうか。急を要する時に、死んだばかりの人の、生前の意思を確認するのは簡単ではありません。個人情報ではありますが、素早くすべての医師がアクセスできるところに、明示的にドナーの意思が書かれていなければ意味がないのです。そういえば運転免許証の裏にも記入するところがあったな、と思い出して、先ほど記入してみました。 運転免許証。これなら毎日携帯しているから、いざという時に役立つだろう、と思ったのです。でも誰もが自動車の運転免許証を持っているわけではありません。おまけに小さなカードの裏面の小さな文字の合間に、ボールペンで自筆署名するのは、老眼の僕には簡単なことではありませんでした。さらにマイナンバーカードにも同様の記入欄がありましたが、そちらはさらに小さく、顕微鏡で見なければ分からないような記入欄でした。なんで役所の書類の記入欄は、どれもこれも縮小コピーしたみたいに小さく、書きにくくなっているのかと不思議に思います。