ysugie.com
どうなる仮想通貨、ブロックチェーンの未来は?
1月26日に大手仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)社のシステムがハッキングされ、客から預かっていた約580憶円相当の仮想通貨NEMすべてが盗難に遭う事件が発生しました。すぐさま金融庁が業務改善命令を出し、命令の報告日を待たずに立入検査に入りました。これは異例の事態であり、立入検査は社内の書面・ソフトのすべてをチェックする厳しいものとなっています。 そもそも仮想通貨って何? ユーロや米ドルではなく、ネット上の怪しげなビットコインとやらに投機した、一部のIT投資家が損害をくらっただけだろう、としか受け止めないのが普通の庶民の感覚かも知れません。たしかにビットコインは従来のように円が日本銀行券であったり、米ドルはFRBが保証していたりと、各国の中央銀行が信用を提供している中央集権型の通貨とは大きく異なり、インターネット上の信用のみに基づく、新しい仮想通貨です。ハイリスクであるが故にハイリターンでもあり、投機家がギャンブル感覚で使ってきたというのが現状でもあります。 しかしやっぱり博打はダメだよな、日本円に限るよな、と話を終わらせてしまっては、重要なポイントを見逃してしまうような気がします。ビットコインは「ブロックチェーン」と呼ばれる、全く新しい信用供与システムによる、未来の経済のあり方を先取りした、一例にすぎないのです。今回のコインチェック社がハッキングにあったように、まだまだセキュリティー的にも甘く、サイバーテロにあったらひとたまりもありません。しかしそれは従来型の銀行システムでも同じことで、銀行がサイバーテロを食らったら、資金は簡単に流出します。事実、途上国の国営銀行システムは、次々に北朝鮮のサイバー攻撃にあっており、年間にサイバー攻撃で北朝鮮に流出した資金は、4000億円にものぼると言われています。