ysugie.com
延命治療と尊厳死を介護の現場から考える
1月21日の未明に評論家の西部邁さんが亡くなったのは、各界に大きな衝撃をあたえました。自死という形は決して推奨されるものではありませんが、これは若い人の自死とは全く別の観点から、語られるべき問題だと僕は感じました。西部さんは自らの「老い」に向き合い、延命治療と介護を拒否する強い意志を持っておられました。それが今の日本ではかなわず、他に選択肢がなかったのだと思います。 医療従事者は、人の命を救うこと、少しでも長生きさせることが使命ですから、倫理的に殺人幇助とも言える積極的な安楽死は、例え本人が望んでも決して認めることはできないでしょう。日本の法律でも禁じられています。ただ意識が殆どなく重い認知症状態にあり、経管栄養と人工呼吸器を使って生命をつなげる、いわゆる「寝たきり」状態にある人。あるいは回復の見込みがないのに、日々苦痛と闘い続ける人。そういう人に自分がなりたいか、と言われたら誰だって、勘弁して欲しいと願うのじゃないでしょうか。 家族がどう思うかは別にして、僕自身がどうかと訊かれたら、延命治療は絶対にしないで欲しいです。そして速やかに「緩和ケア」(ホスピス)に移行して、痛みがあれば「持続的な鎮痛」を十分に効かし、苦しまずに安らかに最期を迎えたいと思います。どのレベルで治療を中止するかというと非常に微妙なのですが、僕の場合は口から食事が摂れなくなった段階で、胃に穴を開けてチューブで栄養を送る「胃瘻」という治療を受けるのは絶対に拒否します。あれは生きているとは言えません。人工呼吸器も、回復の見込みがある一時的な使用なら付けて頂くけれど、永遠に人工呼吸器が必要な状態なら、すぐに外してもらいたいです。 元気なうちに、こうしてブログで意思表示をしておくことによって、万が一の時に担当の医師が、僕の希望通りにターミナルケアをしてくれることを期待しています。許されるなら、認知症を含む重い要介護状態になった時点で、尊厳のある死を望むくらいです。食事や排泄を他人の世話になり、認知症で人格まで変わってしまったら、僕は生きていたくはありません。もちろんこれは僕の個人的な終活の価値観であり、他の人には押しつけるつもりはありません。自分がどのように死にたいか、は自分がどのように生きたいか、と同様に価値観は様々で、そこに個人の選択肢が存在することが大切だと思うのです。