ysugie.com
トランプのエルサレム首都認定で、世界平和が致命的な危機に
これだけは絶対に行ってはならない。トランプ大統領が選挙中に掲げた公約の中でも、メキシコとの壁政策やムスリムの入国制限政策など愚策とは比べものにならない、世界的に致命傷を与える暴挙。絶対にやってはいけないと僕が思っていたのが、イスラエルの首都をエルサレムと認めることでした。それをついにトランプ大統領は実行し、イスラエルの米国大使館をエルサレムに移転すると発表したのです。 このニュースは世界中を駆け巡り、もちろんパレスチナ人だけではなく、すべてのイスラム教徒、イスラム国家が一斉に反発しました。親米であるヨルダン国王のアブドゥラ2世や、サウジアラビアのサルマン国王も中東和平を崩壊させると非難し、トルコはイスラエルとの国交断絶も辞さない構えです。 ドイツのシグマール・ガブリエル外相は、「大使館の移転でさらなる衝突を生み出し、極めて危機的な状況が加速するだろう」。イギリスのテリーザ・メイ首相は「大使館移転問題について直接トランプ氏と協議する」。フランスのエマニュエル・マクロン大統領はトランプ氏との電話会談で、「エルサレムの位置付けは和平交渉を通じて解決するべきだ」。それぞれトランプ大統領の暴挙を食い止めようと、先進主要国は即座に動いています。ロシアのウラディミール・プーチン大統領も5日、アッバス議長との電話協議で「中東情勢の状況を複雑化させる」と懸念を示しました。 ローマ法王フランシスコが6日、バチカンで演説し、「エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地がある随一の街だ。私はこの数日間の状況に強い懸念をもっている。エルサレムの現状を尊重すべきと、あらゆる人たちに呼びかけたい」と述べたとおり、エルサレムは世界中の宗教の聖地です。 イスラム教徒であるパレスチナ人と、ユダヤ教徒の国イスラエルの間で、エルサレムの領有権をめぐって争われたこともありましたが、今ではイスラエルが首都機能をテルアビブに移し、エルサレムはどちらにも属さない特別な聖域として国際社会が認めて平和を維持しているのです。ユダヤ教の「嘆きの壁」、キリスト教の「聖墳墓教会」、イスラム教の「岩のドーム」が並立していて、世界中の人が訪れることができます。ここをイスラエルのものとしてしまうと、ユダヤ教のみを認めることになり、平和のバランスが崩れます。