ysugie.com
日本の全土を米軍基地にできる?日米地位協定の本当の怖さ
先日アメリカから来日したトランプ大統領が、日本の羽田空港ではなく米軍の横田基地に降り立ち、そこから入国したというニュースを聞いて「おやっ?」と思わなかった人は是非読んでください。トランプ大統領は他にも六本木の米軍ヘリポートなど、アメリカ軍施設を拠点に移動しました。 米軍基地は沖縄にあるだけではなく、全国にたくさんあります。東京だけでも南麻布のニューサンノーをはじめとして8カ所もあり、そこは治外法権でアメリカ合衆国に属していて、日本のものではありません。米国軍人や米国政府関係者などが自由に出入りすることができ、日本人は許可なく立ち入れません。 僕はその昔、南麻布にあるニューサンノーは、山王ホテルの別館か何かだと思い込んでいました。しかしホテルにしてはウェルカムな雰囲気がなく、アメリカ人しか出入りしないので、謎のビルディングだったのです。ある時、機会があってニューサンノーを訪れた時にびっくりしました。いきなりマシンガンを肩からかけた女性兵士と廊下ですれ違い、行き交う人は軍服を着ている人が大勢いることに気がつきました。 内部は赤坂のアメリカ大使館と同様に、何もかもアメリカ仕様です。米ドル決済のレストランに入るのにもセキュリティーが高くて、僕にピッタリと張り付いた担当の米軍関係者に連れられて入った目的の部屋以外は、立ち入り禁止で写真を撮ることも許されませんでした。 東京の都心に、こんなに大きな米軍施設があるなんて当時は驚きでしたが、矢部宏治氏の著書「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」を読めば、納得がいきます。沖縄上空が日本ではなくアメリカ軍の管制下にあることは有名ですが、東京23区の一部を含む広範囲が、「横田空域」と呼ばれ、米軍機は自由にその空域で自由に演習ができるのです。羽田から離発着する日本の民間旅客機は、この空域を避けるように大きく迂回します。我々は「岩国空域」など驚くほど広範囲の日本の空が、アメリカの支配下にあるという、この現実を見つめなければなりません。