ysugie.com
NHK記者、佐戸未和さん過労死のタブーと真相
2013年7月に当時31歳だったNHKの女性記者が過労死していたことを、4年たった今頃になってNHKが公表し話題になっています。 過労死した佐戸未和さんは入局9年目、首都圏放送センターのエースでした。159時間以上の時間外労働により、悲惨な過労死に至った佐戸さんに、心からご冥福をお祈り致します。同時になぜこのようなことが起きてしまったのか、タブーを振り払って真相を追及することも彼女への供養になると思い、改めて筆を執る次第です。 佐戸さんのご両親の10月13日の会見はこちら→文春オンライン 過労死関係のニュースや、番組の制作、放送の現場で、実際に取材や、編集や、解説等にあたっている方々が、自分の会社の記者が過労死で命を落としている事実も知らない。自らの襟もたださずに、報道や解説をしている姿を、私たち夫婦がどんな思いで見ているか、想像をしていただきたいと思います。(佐戸さんの父親より) 佐戸未和さんの過労死は、昨年に世間を騒がせた、電通の高橋まつりさんの過労死事件よりも3年前に発生しています。NHKは自局の過労死事件をを知りながら隠蔽し、一方では電通の労務管理を厳しく批判する内容の報道を行ってきました。NHK側は公表してこなかったのは、ご家族の意向によるものだとしていますが、ご家族側は否定しています。組織の論理としては理解できなくもありませんが、このようなNHKの閉鎖的な姿勢は批判されてしかるべきです。 僕はかつて電通の過労死事件の時にブログを書いたら、Facebookで別の大手広告代理店の友人から「じゃあNHKでは?」とコメントで突っ込まれ、「24時間営業です」と笑いでごまかした苦い経験があります。「そういえば厚生労働省のビルも深夜まで電気がついているね」という話になり、冗談ではなく霞ヶ関から過労死する人が出ても、不思議はない気がしました。こうしたホワイトカラーの過労死が、いったいなぜ発生するのでしょうか。