ysugie.com
「希望の党」は安倍政権を援護射撃するための新党だった
このままでは自民党は圧勝し、安倍政権は「希望の党」の援護射撃を受けてパワーアップするという絵が見えたので、それでいいのかと不安になりました。 「希望の党」代表の小池百合子氏については、自民党の安倍首相、菅官房長官、石破茂氏など口をそろえて小池代表の出馬を勧誘もしくは挑発するようなコメントを発表しています。民進党から希望の党へ合流の旗を振った前原民進党代表からも4日、小池代表に出馬するように熱い「ラブコール(小池氏談)」が送られたが、小池代表は都知事の職があることを理由に、断固として出馬する予定はないとコメントしています。 小池新党が自民党と全く同じ政治理念である件について、踏み絵による選別と排除が行われている理由について、そして枝野幸男氏による新党「立憲民主党」が意外な人気を集めていることについては、前回のブログ「小池百合子の野望と誤算」に詳しく書いたとおりなので、ぜひお読みになって下さい。なぜ自民党がライバルであるはずの小池新党を歓迎しているのか、なぜ小池氏が民進党と合流すると見せかけて、一転して排除の方針を打ちだしたのか、その理由がわかると思います。 このような野党のいわばエンタメ政治によって、マスコミが振り回されている間にも、自由民主党は着々と地道に実績と政策をアピールし、確実に票を固めつつあります。野党を一口に、日替わり弁当ならぬ日替わり政党と揶揄する自民党候補者たちからは、伝統と結果、固い地盤を持つ自民党ならではの自信と余裕がうかがえます。このまま行けば安倍晋三氏が設定したかなり低い勝敗ラインである233議席なら確保できるでしょう。この極めて低い勝敗ラインを首相が打ちだした時点で、国政選挙に負けても政権を手放さないという、安倍氏のズルさと自分への甘さに敏感な有権者は気づいていると思います。