ysugie.com
古舘伊知郎さん降板の本当の理由
テレビ朝日、報道ステーションのキャスター、古館伊知郎さん降板がニュースになりました。 12月25日に、朝日新聞論壇委員の井手英策さん(慶應義塾大学教授(財政社会学))のご自宅に行く機会があり古館さんの降板の理由を伺いました。報道ステーションでは朝日新聞論壇委員がゲストとして、出演しています。井手英策さんは、これを広めてほしいと、権力に屈したくないと言ってらっしゃった、プライベートトークを私は「真に受け」ました。それを以下記述します。古館さんは、官邸、主に菅官房長官の圧力によるものに耐え切れなったからだと。 報道ステーションが、今後、政権批判を出来なくなる可能性が非常に高くなります。井手さんによると「ファシズム」です。古館さんは井手さんの職場に立派な蘭を送り、井手さんはそれを「後を頼む」と主観的に解釈しました。 今、井手さんのところには、主に民主党から「どうしたら民主主義を取り戻せるか力を貸してほしい」と仕事が殺到しています。また総務省のAさんは事務次官の有力候補だったのですが、安倍政権になってから、総務省が成績表のようなものを導入しました。その結果、Aさんは官邸の圧力により左遷されました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以上が、お聞きしたお話です。 安倍政権になってから、官邸が霞ヶ関に官庁の人事権を持ち、報道の自由を奪い異常な事態になっています。 今の自民党は「自由民主党」の名前にはふさわしくない、きつい書き方をすると、「ファシズム」です。 自民党の皆さん、正々堂々と「立憲主義を壊す(天皇陛下軽視の)過去の大戦がなかったことにして明治時代からやり直す憲法草案」を公表してくれませんか。 そして、一番お聞きしたいことですが、今年は憲法改正にふさわしい年ですか。 宮城県の石巻でも、仮設住宅耐久年数2年とっくに過ぎています。肺炎やら大きな病気を抱え、無気力になる方達を助けているのは主に民主党や共産党、医師連合などのボランティアの方です。 憲法改正の前にまず被災地の方の基本的人権を守ってあげられないでしょうか。 どうして、当たり前のようなことが通用しない世の中になってしまったのでしょうか。 ###