ysugie.com
安倍政権を操る最強の右翼団体『日本会議』の存在が不気味だ
彼らはその辺のチンピラ右翼みたいに制服を着て街宣活動などしません。「日本会議」。この背広を着た右翼はスマートに、いわゆるロビー活動を通して政治を牛耳っています。国会議員全体の中で約4割、現閣僚のなんと8割を「日本会議」のメンバーが占めているのだから、影響力の大きさは、想像できるでしょう。最近の一例を挙げると、安保法制が合憲であると唱える憲法学者を、安倍首相はわざわざ3人選んできましたが、その3人は全て「日本会議」のメンバーでした。もちろん安倍首相自身も幹部メンバーです。さらに「日本会議」は勢力が大きいだけではなく、その思想は驚くほど過激であり、歴史も長いのです。 そもそも太平洋戦争が終わって、ほとんどの日本国民は敗戦を認め、GHQの指導のもと民主主義への転向の道を歩みはじめました。しかし一部の軍閥、財閥、明治時代の名士の子孫を始め国民の中には、どうしても日本の敗戦そのものを心理的に認めることのできなかった者もいたのです。日本は敗戦などしていない。戦前の大日本帝国に戻したい・・・。 そんな彼らの心の受け皿となったのが、谷口雅春の始めた初代「生長の家」でした。(代替わりして現在の「生長の家」はリベラル志向となっている)谷口はキリスト教や神道、仏教などの伝統的宗教から新興宗教までまとめ、天皇を現人神として崇めました「一切は天皇より出でて天皇に帰るなり」と説き、聖戦完遂を唱えて教団を大発展させました。明治憲法復元を旗印に各界に根を広げていったのです。神社本庁、靖国神社、崇教真光、霊友会、天台宗など数多くの宗教を巻き込んで行きました。1974年「日本を守る会」が発足しました。臨済宗円覚寺貫主・朝比奈宗源が谷口らに呼びかけて作ったものでした。