ysugie.com
クマラスワミ報告書の全文を読んでみたら、大きな勘違いに気づいた
僕はてっきり従軍慰安婦問題で日本の国際的評価を悪くしている、国連のクマラスワミ報告書なるものが、例の朝日新聞の吉田証言をめぐる誤報をもとに作成されたと今まで思い込んでいた。読売新聞や産経新聞、おまけに管官房長官や安倍総理までそれっぽいことを言っているので、そう感じてしまうのも無理はない。 朝日新聞め、吉田清治なる嘘つきやろうの虚偽の証言をもとに誤報を書き、それが原因で国連に特別報告書まで提出されてしまい、日本の国際社会における地位を貶めやがった。国益に反する大誤報ではないか、と怒り心頭であった。しかしアメリカなどから入ってくる情報と照らし合わせてみると、なんとなくニュアンスが違う。なんでだろ? こういう疑問が生じた時には元の資料を直接読み込むのに限る。国連に提出されたクマラスワミ特別報告書なるものは、日本語訳も出ていてネットでも読める。全部で48ページにもなる長文をていねいに読んでいくのはなかなか骨が折れる作業だ。でも慰安婦問題を語る以上は一度は目を通しておいた方がいいので、みなさんにも是非おすすめします。 「クマラスワミ特別報告書」の全文はこちらをクリックしてください。 といってもめんどくさいと思われるので、結論から言ってしまおう。僕は48ページをくまなく読みながら、吉田清治の証言が影響を与えている部分を探した。ところが全体の中でほんの数行、たったの二カ所しかそれはなかった。それも本題とは関係のない歴史的背景の章にだ。あまりにも短いので両方ともまるまる引用しておこう。 さらに、強制連行を行った一人である吉田清治は戦時中の体験を書いた中で、国家総動員法の一部である国民勤労報国会の下で、他の朝鮮人とともに1000人もの女性を「慰安婦」として連行した奴隷狩りに加わっていた事を告白している。 もう一カ所のほうは、なんとこの吉田証言が信憑性に欠けると指摘しているのだ。 千葉大学の歴史学者秦郁彦博士は「慰安婦」問題に関するある種の歴史研究、とりわけ韓国の済州島の「慰安婦」がいかに苦境に置かれたかを書いた吉田清治の著書に異議を唱える。